スヌーピーミュージアム本館♪ファンの聖地である「シュルツ美術館」

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ピーナッツサンタローザ1

アメリカには、スヌーピーファンの聖地とも呼ばれる「シュルツ美術館」があるんだよ!六本木のスヌーピーミュージアム東京は、世界初のサテライト美術館なんだよね。

スヌーピーが登場するピーナッツの原画コミックが展示されてたり、ミュージアムの壁にはスヌーピーイラストが描かれてるんだよね。敷地内には、スヌーピーがチョコチップクッキーを半分わけっこしてるベンチがあったり、スヌーピーの顔型迷路もある楽しみ♪

シュルツ美術館の隣には、スヌーピーグッズ売り場やスヌーピーアイスアリーナまであるからね。スヌーピーグッズはただ販売されてるだけでなく、天井にはフライングエースに変装したスヌーピーが飛んでるよ♪

スヌーピーたちのおもしろいストーリーを描いてた、シュルツさんの作業部屋も、本家ならではの特別公開されてるの。庭の像から建物内のイラストまで、あちこちにかわいいスヌーピーたちがいるシュルツ美術館。

アメリカのスヌーピーミュージアム本館は、スヌーピーファンなら誰もが一度は行ってみたい!スヌーピーファンにとって夢の場所だね☆

今回は、かわいいスヌーピーがいっぱい待ってる、アメリカのシュルツミュージアムを詳しくご紹介するね(●)´`・)

スポンサーリンク

本家アメリカのシュルツ美術館はスヌーピーファンの聖地♪

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ピーナッツサンタローザ1

出典元:シュルツ美術館

スヌーピーは、生まれも育ちもアメリカ。だから母国には、「シュルツ美術館(シュルツミュージアム)」があるんだよ!

このシュルツ美術館は、作者のシュルツさんから名前がつけられてて、シュルツさんがメイン。そして、スヌーピーっていうよりも、4コマ漫画のPEANUTSがテーマになってるね。

それでもスヌーピーが生まれ育った町にあるし、スヌーピーの本拠地だもん。スヌーピーの歴史が見れたり、かわいいスヌーピーがいっぱいいる♪だからスヌーピーファンとしては、一度は行ってみたい「スヌーピーファンの聖地」だよね。

六本木にある「スヌーピーミュージアム東京」は、このシュルツ美術館の世界初サテライト(分館)なんだよ。日本はスヌーピーの方が人気があるから、名前もスヌーピーミュージアムなんだね!←ららはスヌーピーファンだから、嬉しい(*^^*)

↑上の画像は、アメリカにあるシュルツ美術館の外観。シンプルなデザインで、建物の周りには木が植えられてたり、植物などの緑が溢れてる。東京のスヌーピーミュージアムも、本家のイメージに近いよね。

→世界初!スヌーピーミュージアムが六本木に2016年3月OPEN♪はこちら

スポンサーリンク

ベンチでひと休み✿チョコチップクッキーを半分こしてくれるスヌーピー♡

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ロビーイラストかわいい1

出典元:シュルツ美術館

シュルツ美術館は、シュルツさんやピーナッツが中心になってる。とはいえ、世界的大人気キャラクターにまで進化して成長した「スヌーピー」のことは欠かせない存在☆

ミュージアムに入ったら、まずはロビーの壁に描かれてる、ピーナッツキャラクターたちがお出迎え♪スヌーピーは持ち前の食いしん坊らしさを発揮して、ごはん皿をくわえたイラスト!か、かわいいー(≧▽≦)

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ピーナッツコミックアート1

出典元:シュルツ美術館

ピーナッツの4コマ漫画で作られてる「コミックアート」!

スヌーピーとチャーリー・ブラウンが一緒にうたた寝してる絵柄が、六本木のスヌーピーミュージアムにもあるよね。

アメリカはシュルツさんの美術館で、ピーナッツの方がメインだから、コミックアートもルーシーとチャーリー・ブラウンなんだね。チャーリー・ブラウンがアメフトボールを蹴ろうとして、ルーシーにボールをよけられるところ、確かに名シーンだわww。

「スヌーピーじゃないんだ。。。」っていう点では、残念な気持ち。まぁでもPEANUTSの原画コミックでできてるから、1枚1枚をじっくり見ればスヌーピーがあちこちに出てるんだよね♪

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ピーナッツ原画コミック1

出典元:シュルツ美術館

スヌーピーたちが登場するPEANUTSの原画コミック展示コーナーもあるよ!

原画コミックが1枚1枚丁寧に展示されて、ガラスのケースに守られてる。原作者のシュルツさんはもう亡くなってるし、いまやピーナッツの4コマ漫画は歴史的な作品になってるね☆

何回みても、やっぱり六本木のスヌーピーミュージアムと似てるよね。いや、こちらアメリカが本家なんだけどさ。

で、気になるのが後ろ側。背景デザイン!チャーリー・ブラウン→ルーシー→3枚目は・・・??もしかして、これ、すぬーぴーじゃない??

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地ごはんイラストかわいい1

出典元:シュルツ美術館

こ、これは!!ごはんを要求しにいこうとするスヌーピー( ・ ´`(●)

いやん、スヌーピーへのときめきで胸が破裂しそうだわ♡このベンチの前で写真撮りたい!スヌーピーと一緒に写真撮りたい!行列に並んででも欲しいなぁ。

そして、思った。アメリカにはPEANUTS原画のコミック展示コーナーにベンチがあるんだね。2時間とか3時間とかずっと立ちっぱなしだし、歩いてみて回るの結構疲れるんだよね。それとこのベンチはドリンク、飲み物はOKなのかな。

こういうベンチとか小休憩できるところ、東京のスヌーピーミュージアムにも作ってほしいなぁ。あと、水分補給くらいできるようにしてくれると助かるわ。喉が渇いても何も飲まないでいるのは体によくないよね。大好きなスヌーピーをゆっくり見たいからこそのお願い。

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地再現ピーナッツ誕生1

出典元:シュルツ美術館

スヌーピーが誕生した、シュルツさんの作業部屋が再現されてるんだよ。

シュルツさん、いつもここでピーナッツ描いてたんだね。斜めになってる机や味のある椅子、シュルツさんが楽しそうにスヌーピーたちの、PEANUTSストーリーを作ってるところが想像できるわ。

机の手前部分の色が変わってるあたり、よく使ってた味がでてる。「スヌーピーはここで生まれたんだぁ。」と思うと、なんだかちょっと感動しちゃう。

東京のスヌーピーミュージアムには、シュルツさんの生い立ちくらいしかないもんね。さすが本家だなぁ、って感じがする。

スヌーピーが大好きでスヌーピーのファンだから、スヌーピーのことだけでいいんだけどさ(●)´`・)♡スヌーピーをピーナッツに登場させて、世界に広げ、月に行ったり宇宙進出までしてくれたシュルツさん。

だからスヌーピーをもっと知るために、シュルツさんの机や部屋も見る価値あるよね!

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地チョコチップクッキーベンチ1

出典元:シュルツ美術館

アメリカのシュルツ美術館には、スヌーピーが座ってるベンチがあるんだよ♪ここ、ららが気になってるスヌーピーのミュージアムスポットのひとつ。

スヌーピーと一緒にベンチでひと休み♪そしてこのスヌーピーは、両手にチョコチップクッキーを持ってる!!

「ぼくのチョコチップクッキー半分あげるよ。きみもチョコチップクッキー食べる?」

スヌーピーの左手に、半分にしたチョコチップクッキーを持って差し出してるの。スヌーピーが大好物のチョコチップクッキーを、隣のスヌーピーファンにおすそわけしてるよね。ららも!ららも!欲しいー(≧▽≦)

おうちから連れていったスヌーピーを並べて、ららも一緒にチョコチップクッキー食べて、アメリカのスヌーピーと休憩したい(*´ω`*)

 

スヌーピーアメリカシュルツ美術館ミュージアム聖地迷路顔形首輪出口1

出典元:シュルツ美術館

アメリカのシュルツ美術館の敷地内には、スヌーピーの迷路もあるよ。迷路っていうか一本道で、しかも出口がないんだけどね。

スヌーピーの顔の中に植物が並んでて、道になってるんだよ。正面を向かって左側がスヌーピーの鼻で、右側がスヌーピーの耳。手前のベンチが首輪。で、上からみるとスヌーピーの顔型になってて、首輪までがひとつのデザイン。

一番左端には大きな石があって、スヌーピーの鼻の黒いところがちゃんとデザインされてる!スヌーピーの目や眉、耳には、イスが置いてあって、顔の各パーツがわかるようになってる!

スヌーピーの口だけは特に何もないけど、スヌーピーの首から入って、最初の角を曲がると急カーブになってる。ここがスヌーピーの口に見えるんだよね。スヌーピーの顔から外に出るには、出口はないから、来た道を戻るか、植物をまたぐか、だね。

スヌーピーの顔型迷路、ここも行ってみたい!

スポンサーリンク

フライングエースが監視するグッズ売り場☆かわいいスヌーピーがいっぱい!

スヌーピーアメリカグッズぬいぐるみTシャツマグカップ小物雑貨かわいい1

出典元:シュルツ美術館

アメリカは、スヌーピーのグッズ売り場がシュルツ美術館の隣にあるよ。す、すぬぴ。すぬぴ。右見ても、左見ても、すぬぴ、すぬぴ。

おっきい赤い犬小屋の前に、スヌーピーや妹のベルがいっぱい並んでるww。スヌーピーのTシャツも、ブルーやイエロー、カーキなど種類がたくさん!

壁に描かれてるスヌーピー隊長のビーグルスカウトデザインもいいよね。ウッドストックたちを引き連れて、山の頂上まで登ったところ☆

正直、他のスヌーピーグッズは小物や雑貨、何があるのか、写真ではわかんない。でも確実にひとついえることは「かわいいスヌーピー」がいっぱいいる♡ってこと。

 

スヌーピーアメリカグッズぬいぐるみ犬小屋ベルビーグル犬かわいい友達1

出典元:シュルツ美術館

上の画像で、左側にいた赤い犬小屋とスヌーピーやベルのビーグル犬集団はこちら。

犬小屋の屋根にデデンと座ってる大きいスヌーピー。すごい、貫禄があるよねw。「ぼくがスヌーピー王だ!」って感じで、堂々としてる!

そして大量のスヌーピーたちビーグル犬に見つめられて、照れちゃう♪スヌーピーのかわいさに負けて、チョコチップクッキー大盛りでおやつあげちゃうわ。

 

スヌーピーアメリカグッズフライングエース敏腕パイロットかわいい1

出典元:シュルツ美術館

敏腕パイロットに変装したフライングエーススヌーピーが飛行機に乗って監視してる♡

スヌーピーグッズ売り場の天井部分にいて気になってた!頭上注意だけど、スヌーピーをみていたい♪

グッズ売り場なのに、スヌーピーグッズが並んでるだけじゃない。フライングエースを飛ばしたり、スヌーピーグッズの展示もしてファンを楽しませてくれるのステキ☆

グッズ売り場の地上から見たら、飛行機だけでも雰囲気でるし、スヌーピーが乗ってなくてもよさそうなもの。なのにわざわざ、フライングエースに変装した、スヌーピーを乗せてくれるところに感激だよね!さすが!!

 

スヌーピーアメリカサンタローザジョークールタキシード姿ファン歓迎像1

出典元:シュルツ美術館

アメリカのシュルツ美術館には、タキシード姿のジョークールスヌーピーが歓迎してくれてるよ。

敷地内にスヌーピーの像がたくさんいるんだよね。チャーリー・ブラウンやライナス、ルーシーなど、ピーナッツキャラクターがあちこちにいるの。ららはスヌーピーを中心に見たいなぁ!!

 

スヌーピーアメリカスケート場アイスアリーナサンタローザホッケー好きシュルツ1

出典元:シュルツ美術館

ピーナッツの作者シュルツさんは、アイスホッケーファン。自分のホッケーチームも持ってしまうくらい好きなんだって。

で、ついに、シュルツ美術館の敷地内に、スヌーピーのスケート場も作っちゃった!w。

 

スヌーピーアメリカスケート場アイスアリーナサンタローザホッケー好きシュルツ2

出典元:シュルツ美術館

スヌーピーのアイスアリーナは、こんな感じ。

とりあえずスコアボードの真ん中にスヌーピーがいる!大好きなスケート場にも、シュルツさんはスヌーピーが欠かせないんだね。壁にはもみの木を飾って、これまたピーナッツの世界を演出してるのかな。

このスヌーピーアイスアリーナは、スケート場で氷の表面を整備する整氷車も、スヌーピー柄なんだよ。画像はスヌタウンのこのページで見れるよ。一番下までスクロールしてね。

→スヌーピーのアイスアリーナにある整氷車はこちら

スポンサーリンク

らら、遂にアメリカ進出。スヌーピーの聖地「シュルツ美術館」に行くことにした!

スヌーピーミュージアム5回ファイナルともだちはみんなここにいる感想レビュー44

スヌーピーミュージアムの本家本館。スヌーピーファンの聖地でもあるし、人生で一度は行ってみたい「シュルツ美術館」!

ららのずっと行ってみたいと思ってて、アメリカのシュルツミュージアムに行くことが夢だったんだよね。英語を勉強して、読み書きや会話ができるようになってから行こう。とずっと先延ばしにしてたよ。

でも今年4月、英語が上達する様子もなく、なんだかズルズルと時間だけが過ぎていくから、思い切ってアメリカ行ってみようと思ったよ。でね、5月に六本木のスヌーピーミュージアムファイナルに行ったら、予告でこれだもんねww。

「SEA YOU AGEIN IN SANTA ROSA!いつかサンタローザで、お会いしましょう!」

もうアメリカのスヌーピーに呼ばれてるとしか思えない。これは運命だ!ということで、らら、アメリカのシュルツ美術館に行くことにしたよ♪

らら史上初のアメリカ、目的地はサンタローザ「シュルツ美術館」。飛行機代やホテル代、食費など、ざっと計算して、約30万円。予定では1週間~10日くらいの滞在になるかな。プランや計画内容は、また別の記事にするから、楽しみに待っててね。

 

スヌーピーミュージアムの本館「シュルツ美術館」公式サイトもあるよ☆アメリカだから全部英語だけどね。スヌーピーのイラストや画像は言語関係ないし、かわいいスヌーピーを見るだけでも楽しくなるからみてみてね!

→スヌーピーが待ってる♡「シュルツ美術館」公式サイトはこちら

スポンサーリンク


関連記事と広告