アメリカ・サンタローザに行ってきたよ(●)´`・)シュルツミュージアムレポツアーはここをタップ!

ライナス・ヴァン・ペルト(Linus Van Pelt)~安心毛布が手放せない哲学ボーイ~【キャラクター図鑑】

PEANUTSで欠かせない人物といえばもう一人!安心毛布を持った幼い天才、ライナスについて紹介していきます(*゚▽゚*)

毛布がトレードマークな彼ですが、ピーナッツ界での知識の多さは1、2を争います。

そんな中でカボチャ大王やイースタービーグルの存在を信じる幼さもあり…色んな姿を見せてくれるライナスをどうぞ!

ライナスのPEANUTSデビュー記念日は1952年9月19日。

1952年9月19日。

ルーシーがチャーリー・ブラウンに「弟が座れるようになったの!」と報告し、その場に行くと、木の板で支えられながらニコニコ座っているライナスの姿が。心なしか、この頃の方が髪が多いようにも思えます😂

ちなみにルーシーは名前の頭文字が一緒であることを面白く思いますが、Lであるとはわからなかったようです…

 

最初はハイハイしながらおもちゃで遊んだり、年齢的には上になるスヌーピーと対等な感じで接することも多くありました🐶そして年齢を重ねると、一緒に過ごしていたことが多いチャーリー・ブラウンと仲良くなり親友としてのポジションを確立。

それと同時にルーシーの厳しい理不尽な扱いを受けていき、知性と皮肉の力を蓄えていきました💪

 

ライナスの誕生月は10月ですが、誕生日までは語られていません💦

リディアの初登場コミックでライナスが10月生まれであることを明かしています。ちなみにチャーリー・ブラウンも10月生まれ。こちらは30日と日付も判明しています🗓

スポンサーリンク

キャラクター「ライナス」の性格

ライナスの性格!一言で語るにはあまりにも難しい…けども、基本的にはおとなしく優しい男の子。

チャーリー・ブラウンら友達が困っている時は含蓄のあるアドバイスをくれます。普段は諦めないチャーリーが、野球の試合に負け続けて暗い部屋に閉じこもっていた時もライナスは心配して様子を見に行っていました☺️

 

そんな時もあれば積極的に女の子をデートに誘ったり、会いに行ったりとアグレッシブな部分も垣間見えます。

後でまた解説していきますが、トリュフやリディアなど、女の子には特に積極的に話しかけにいくライナスです(*´꒳`*)サリーのつけ入るスキがなかなかない…💦💦

 

コミックの中期、1970年代以降は成長して比較的落ち着いてきたライナスですが、カボチャ大王などを信じたりする子どもっぽさはなかなか捨てきれません😅

他の誰も信じてないことが多くて宣伝活動も上手くいかないけど、それでもライナスは「ハロウィンにカボチャ大王がカボチャ畑から現れる」という迷信を信じて止みません🎃(詳しくは後ほど!)

 

そして50年代後半にようやく学校に行ける年齢になった頃、ライナスは知識も豊富でルーシーの影響か、ボキャブラリーもなかなか増えてきたにもかかわらず心が幼いせいか暴走して危うい姿もみせていました💦

例えばバイオレットにバカにされたライナスは石を投げようと石を探しますが、それをチャーリー・ブラウンに静止されると、今度は「それなら君に投げつけるのはどうだい?」となったり、「僕は狂信者になるんだ」とギョロっとした目つきをするなど、やり過ぎ感が出ちゃうのでした。

 

ライナスを支えるのは安心毛布と明晰な頭脳。安心毛布はコミックデビュー1年目からのパートナー。

周囲からは子どもっぽいと言われたりもするけれど、不安な時はぎゅっと捕まることができ、武器にも便利な持ち運びアイテムになったり、ライナスの気持ちだけでなく生活に欠かせません!

ペパーミント・パティがものすごく落ち込んでいた時に貸してあげたりなど、たま〜に他の人に使わせてあげることもあります♪PEANUTSで初めて登場した安心毛布という単語は今や辞書にも載っているほど、ライナスの与えた影響力は強いです(=´∀`)

 

ヴァンペルト家特有の知識の吸収スピードか、ルーシーにガミガミ言われ続けたことによる免疫か、普通の未就学児とは比にならない知識を50年代までに得ています😳

60年代に図書館のカードを手にして以降は、聖書の引用もできたり、お菓子を食べる片手間に難解な本を読むなど、ピーナッツ1の知識自慢になっていきます📚有名なのはチャーリー・ブラウンにクリスマスの起源を語る場面。アニメでもコミックでも見られます!

 

ルーシー相手には場の空気を読んで答えることも多いライナスですが、知識があるゆえに正直すぎて相手を困らせることもあります😅

チャーリー・ブラウンが優勝してないチームのことは覚えてもらえないと野球チームのミーティングで語ると、ライナスはメジャーリーグの2つのリーグの2位を順番に淡々と答えていきます。チャーリーの立場はボロボロw

 

ライナスのユーモアも見逃せません!まだ言葉も話せないサリーに、草の色は隣の家と違うという隣の芝の話をして、話し上手なところに惹かれていくサリーに赤面しちゃいます(〃ω〃)

自分のセリフや行動に対する返しに対しても、ユーモアのある答えが聞ける時もあります。掃除機をかけているとルーシーにうるさいと言われる場面、ライナスは「姉さんだって頭を地面に押しつけられたらうるさいだろ!」と一言。

4コマ目でのライナスの答え方にクスッとさせられることも多いでしょう😊

 

ライナスの人間関係

ルーシー

ルーシーとライナスの関係性、実際に姉がいる方は自分と照らし合わせたりされたことも多いのではないでしょうか?

初めの頃は、先ほども述べたとおり、最初は普通のお姉ちゃんと弟みたいな関係性だったものの、いつしかルーシーの独裁政権に。

ライナスは理不尽な扱いを受けつつも、その耐性をつけていきます。おもちゃをルーシーに奪われ、それをママにも言うことができないライナスは怒るしかありません💦

 

世話焼きなルーシーがライナスに色々と勉強させるのはもちろんのこと。しかし家出することになったライナスに「典型的な家出パターン」を教えた時も、なんか違う感じになってしまう…

 

ライナスがピーナッツ界の頭脳となって以降は、ライナスが披露する知識にルーシーは敵わないので、拳か声か屁理屈で勝負!

クリスマスに姉にプレゼントを渡さなきゃいけないというルーシーに対して、ライナスは聖書にそんなことは書いてないと持ち前の知識で一蹴し、ルーシーを一時黙らせます。

しかしルーシーは聖書に「姉(または妹)」の単語を発見!これを理由にプレゼントを渡すよう求めることに…流石にライナスもヤレヤレとしか言えません😂

 

ルーシーとライナスはいつもは噛み合わない感じですが、時には愛情に溢れる時も。

ルーシーが自分に自信をなくして落ち込んでいる時、「姉さんのことを愛している弟がいるよ」と言って泣きながら抱きしめられることもありました

 

リラン

ライナスとリランは同じルーシーに支配されてる立場の弟。

「どうして弟2人と一緒に住まなきゃいけないの?!」と耐えきれずキレてしまうルーシーに対して疑問を持つリランに、ライナスはヴァンペルト家の弟の宿命を教えます。

 

もしかしたら兄や姉以上に賢いリランはライナスのことを尊敬してるようには感じられないところも。

安心毛布を持ってる兄がいることを知られたくなかったり、カボチャ大王を布教するライナスを他人のふりをして見過ごしたりすることも。

 

よく疑問点として挙げられているのが、弟リランと兄ライナスの見分け方!兄弟の2人はかなり見た目も似ていますが、ポイントをご紹介!

まずは、服がボーダー柄なのはほとんどの場合ライナスです😊まだリランがオーバーオールを着るという設定が定まってない80年代までは、リランもボーダーを着ていることがあり、ちょっと見分けが難しいかもしれません。

もう一つは髪型!ライナスは頭の後ろまで髪が回っています。リランの場合は髪が頭の上で、鳥の巣みたいに集まっている印象です🤔

実際に公式でも誤植があったくらいなので、見分けできなくてもおかしくないことが多いです💦

 

チャーリー・ブラウン

PEANUTSの主役チャーリーとの出会いはライナスのデビュー日から!

比較的赤ちゃん時代の交流はルーシー、スヌーピーの方が多かったものの、ライナスが育ってきてからはまさにチャーリー・ブラウンとライナスは親友としてのポジションを欲しいままにします(*゚▽゚*)

特に1960年代以降は悩み事はライナスに。ライナスも何かあればチャーリーに…というように相談していきます☺️

 

安心毛布が必要なライナスと、常に心配事ばかりなチャーリーは気が合うようです。

赤毛の女の子とどうやって近くなるか、学校の悩みをチャーリーは相談し、ライナスは好きなオスマー先生や安心毛布から卒業する方法など、レンガの塀や通学路で数えきれないほど話してきました。

 

チャーリー・ブラウンの記事でライナスを助けた回について解説しているので、その逆を!

チャーリー・ブラウンがスヌーピーに手紙を送ったライラが誰なのかを知りたくてモヤモヤしていた時、ライナスはデイジーヒル子犬園を調査し、スヌーピーが元々はライラの犬であったことを突き止めます。チャーリー曰く「毛布を持ったシャーロックホームズ」!

 

一度赤毛の女の子が引っ越した時に、悩んでるだけで声を掛けるなど何もしなかったことに怒ったこともありました💦

チャーリー・ブラウンの相棒がスヌーピー、親友がライナスって感じでしょうか…?側に必ずライナスがいるというのもチャーリーの支えになっているんです☺️

 

サリー

ライナスがサリーと初めて出会った時の印象は最悪!友のチャーリー・ブラウンの監督業の邪魔をした原因として睨み付けていました😱

 

ところが1年後に会った時はまた別印象。一人で歩けるようになったサリーに喜ぶライナスに、サリーも惚れてしまいます💕

チャーリー・ブラウンにはまだ恋愛は早いと離れさせようとし、サリーも早くから恋の厳しさを覚えます。

 

サリーに対して最初は勉強を教えてあげたりもう一人のお兄ちゃんのように面倒を見ていたことが多かったが、ライナスに対する恋のレベルがかなり上がってきたコミック後期あたりからは絡まれるのが嫌な描写もたまにあったり。

「バブーちゃん」と呼ばれるようになってからはどこか遠くで呼ばれた時も「僕はバブーちゃんじゃないよ!」と反応できるほどになります💦

 

70年代にはライナスがフットボールなどスポーツに誘って、サリーがなかなか上手にできないこともしばしば。本質的には仲は良いんですが、サリーの押しがちょっと強すぎるのか…恋って難しい!

 

スヌーピー

ライナスとスヌーピーは小さな頃から仲良し!おもちゃで一緒に遊んだり、赤ちゃんっぽいことをする仲でした🐶ドッグフードを食べるところに興味津々だったり睨み合ったりなど、不思議な光景を見られます。

 

そして年齢を重ねていくと、スヌーピーのモノマネに対して冷静なツッコミをしたり、一緒に変装の世界観に入ってキャラクターの一人になったりすることも多くあります(*´ω`*)

ジョークールの変装をしていた時は一緒に学生寮に住む大学生として自らを演じました📚

 

安心毛布が大好きという点も、二人とも共通しています!コミックでは特に語られていませんが、毛布をライナスと同じポーズをして持っていたり、毛布の上で寝ていたりと、かなり安心毛布に安心感を抱いているようです😳

 

ライナスが毛布を使い始めてからすぐに、スヌーピーも毛布の上で寝ることを始めます♪

1960年には雪の中でも毛布の奪い合いをしたり、綱引きを毛布でやることも🐶💦ライナスからこっそり奪おうとするのも、スヌーピーもこの特別な安心毛布に特別な意識を持ってるのかもしれませんね

 

スヌーピーがデイジーヒル杯に参加した時も、参加資格である推薦を5人からもらわなければいけないという条件の一人にライナスを選びます。

そして安心毛布をとっさに奪い、書いてもらうことの交換条件にします📝「これじゃ恐喝だよ!」とライナスも突っ込まずにはいられません。友達として遠慮のない関係性を保ててる二人、結構気が合う感じです😊

 

ペパーミント・パティ

隣町のキャラクターでペパーミント・パティと初めて話したのはチャーリー・ブラウンが初めてですが、実は初めて興味を持ったのはライナスの方。ロイがその年のキャンプてライナスと会っていたので先に紹介していたのです(*´ω`*)

 

「彼かわいいかしら?」まだ見ぬ友達に遊び人であることを知ってもらいたいパティ、しかし初めて野球のグラウンドでライナスと会った時は安心毛布を被っての登場。

本当に会いたかったのはライナスだと聞いて、恥ずかしくなっちゃってたみたいです💦その年はカボチャ大王を一緒に待ったりと、当初はチャック以上にライナスに興味を持っていたようです😳

 

後にチャーリー・ブラウンを好きになったペパーミント・パティはサマーキャンプで赤毛の女の子を見て、あまりの美貌に自分との違いを感じて落胆しているところをライナスが助けます。

安心毛布を貸してあげて、真の美しさは心にあるんだよと言い、キスまでしたのでした😘ここまで直球で言えるのはライナスならでは…でしょう!

 

ライナスの好きなもの

ライナスの一番の好きなもの、というより最大のパートナーは安心毛布!

1954年に初めて安心毛布を持ってからは、肌身離さず持っているようになります✨すでにスヌーピーとの取り合いも始まっていた様子。

しかし毛布を持つにはヴァンペルト家は過酷にも感じます💦ライナスのおばあちゃんは毛布を持つことには大反対!もし仮に持っている姿を見られたら奪われてしまうことでしょう。

 

実際、安心毛布が見つからないように他の毛布を見せてごまかしたり、滞在中には家に郵送して難を逃れたりすることも。

そしてルーシーも、自分の弟が毛布を持ち歩いてることを指摘されるのが嫌なために、どうにか卒業させようとします。ライナスに2週間我慢するように試練を課しますが、半分終わったところでリタイア😵

 

ライナスの毛布は安心毛布だから、掴んでいたり触っていたりすると、安心感をくれるもの。

野球をしている時も帽子の中に隠し持っていたりします♪先にも紹介したように、自分だけでなく託したキャラクターにも安心を与えてくれています(о´∀`о)

しかしこの毛布、用途はそれだけじゃありません!いざという時には敵を撃退する鞭になったり、便利なマジックハンドみたいに器用に動いてくれます

時には意思を持つことも。ルーシーが毛布のことをけなしていた時は、襲ったり、仲直りの握手をしたこともありました😳

 

50〜60年代は特に毛布依存が強かった時期、しかし80年代以降にもなると毛布を持っていないコミックも増えてきました。

依存症に困るような描写もあまりなく、リランに指摘されたりスヌーピーと取り合いはするものの、実は少し離れていく感じも見られます(*’ω’*)少しずつ大人になっているけど、なんだか寂しくもありますね🤔

ライナスの子どもっぽい一面の象徴となるのが、カボチャ大王を待つこと🎃1959年に初めて一人で迷信であるカボチャ大王の存在を信じ、カボチャ大王を待ちます。

そして連載最後の年度までほぼ毎年、カボチャ畑から大王が現れるのを待つ行事を続けてきました…!!時にはチャーリー・ブラウンやスヌーピー、サリーを巻き込みトラブルもあったりしますがピーナッツを語る上では重要なエピソードです(*´꒳`*)

ハロウィンとカボチャ大王については、こちらの記事後半をご覧ください👻🎃→ 記事「スヌーピーとピーナッツとハロウィン!コミックでもっと楽しいハロウィンを♪」

 

ライナスは本を読むのが好き!その幅は普通の子供のようにマンガをよんだり、専門的な分厚い本、学術誌、聖書などかなりの守備範囲!!

ルーシーのコミック雑誌を勝手に読んでは怒られちゃう場面もあったり、蔵書の中には戦争と平和や白鯨などの名著も揃っていたりと全年齢対象に対応できるのはスゴイです😳

 

ライナスはチャーリー・ブラウンと一緒にフットボールやバスケなどスポーツにも多く挑戦。

チャーリーの野球チームではセカンドを務め、スヌーピーとの二遊間連携には定評があります(*゚▽゚*)チャーリー・ブラウンがリトルリーグ肘になった時はかわりにピッチャーに抜擢されるも、予想以上の活躍に本職のチャーリーは帰ってくることを嫌がられてしまうほど💦

赤毛の女の子が観にきた試合で緊張のあまり投げられなくなったチャーリーのかわりにライナスが登板。完璧に抑えてチームは勝利、おまけに赤毛の女の子にハグされるなど美味しいとこどりしちゃいました😋

 

一見大人しそうに見えるライナスですが、実は女の子好き…??他の男子(チャーリーはまず声をかけられない、シュローダーはピアノに夢中)と比べるとだいぶ積極的にアプローチします🥰

そんなライナスの今までにあった恋・ロマンスエピソード、まとめるとなるとかなり多いです🤔詳しくは各キャラクターの紹介で書きますが、ここではざっくりと紹介!

 

安心毛布を嫌がらない、フリーダとの出会い

毛布を持つことを否定する子ばかりの中、フリーダはそんなことない様子。ライナスは右手にキス

 

ユードラの誘惑?!安心毛布は誰の手に?

サリーのクラスに転校してきたユードラは、さっそくライナスに遭遇。

安心毛布にやみつきになったユードラに、たまらずライナスは毛布を譲ってしまう。恋人の宝物であるはずの毛布を持っているのを目撃したサリーに詰め寄られ、板挟み…!

 

トリュフを巡ったスヌーピーとのかけひき!

トリュフ狩りに出かけたライナスとスヌーピーは、まさかの「トリュフ」という名の少女に出会います。

再び会いたいライナスは手紙を書くが、家までの道を知らない彼を出し抜く形でスヌーピーはトリュフに会いに行っていました😳

 

名前がわからないあの子?

リディアと初めて出会ったライナスは誕生月が10月であると話すと、2か月後に生まれたリディアは「あなた私には年寄りすぎない?」と聞いてくる。おまけに毎日のように名前がコロコロ変わるものだから、気になる子に振り回されまくり…!

 

タピオカ・プディングとデート!

ライナスは転校生のタピオカ・プディングとデートに行くことに。

目撃したサリーは嫉妬が爆発💥父親がライセンス業界で働いていることから、話題もショービズの話ばかり。ライナスはマシュマロプディングに顔を打ち付ける…

 

他にもピーナッツアニメでは、フットボールの試合で偶然テレビに映った可憐な毛布を持つ少女のメリー・ジョー、白血病になるもライナスに励まされ見事快復したジャニス、お花が大好きな美しい声の持ち主ミミなど恋多きライナスです…💕

ライナスは女の子に目がないですが、やっぱりライナスの永遠の憧れといえばオスマー先生

1959年、ライナスは新しく赴任してきたオスマー先生に夢中になってしまいます💕 点呼を取るときの呼び方が特別だったり、偉大な人間なんだ!と言ったり、ライナスには特別な存在のようです(*´꒳`*)

 

最初は気に入られたくてお花をプレゼントしようとしたりするものの、毛布について悪いことを言われたことがキッカケで相手にしなくなったことも。翌年には卵の殻を学校の課題で持っていかなければいけないにも関わらず、忘れ続けたライナス。

しかし何日か経った後にオスマー先生が結婚に伴い退職することが判明!後日手紙が来てライナスはかなり気に入られていたこともわかり、宙に浮いてしまうほど浮かれちゃいます💦

 

その翌年には早くも教師として復帰!そのままチャーリー・ブラウン、ライナスの先生として学校に残ることになりました✨…のはずが、1969年にはストライキの先頭として立っていたオスマー先生。

敬愛する先生が転んでしまった時に、ライナスは真っ先にストライキの集まりの中に飛び込んでいって巻き込まれてしまいます😳 新聞にも事件が載り、オスマー先生も解雇されるという散々な結果💦

 

アニメの「スヌーピーのバレンタイン」ではオスマー先生にバレンタインを渡そうと奮闘するライナスも見られます♡

とにかくオスマー先生に夢中!普段は知性派のライナスも、好きな先生の前では落ち着いていられないことが多々あるみたいです😅

 

ライナスの嫌いなもの

ライナスはチャーリー・ブラウンやサリーと同じくサマーキャンプが嫌いだけど、理由は別にあります。

キャンプ先で女王ヘビや石ヘビに噛まれるのが怖いから🐍🏕カボチャ大王みたいな架空の存在なのか…それとも実在するのか…謎に包まれています。

 

安心毛布が命綱なライナスにとって、毛布洗濯の日は恐怖!

毎週月曜日に洗濯しているようですが、洗っている間はもう必死💦特に50〜60年代は辛そうです…ライナス曰く「洗濯機に毛布が入っているのは精神科医が週末に休業しているようなもんだよ」と精神面での辛さが際立ちます😭

 

他のキャラクター同様、ライナスもココナッツが大嫌い🥥

ルーシーから好きなチョコを選んでとお菓子の箱いっぱいの中から選ぶ時、あれでもないこれでもないと優柔不断にしているとルーシーから急かされてしまいます。

とっさに選んだのはまさかのココナッツ…!ココナッツ嫌いだったシュルツ氏にも似たようなエピソードがあったのでしょうか。

 

おすすめコミック

ライナスは毛布依存を脱却したこともあります!スヌーピーに毛布を預けていたらスポーツコートにされてしまい、何日か毛布なしで苦しい生活をする羽目に。

しかし気づいたら手が震えてない…?!卒業したことに喜びを隠せないライナスは他の安心毛布を持つ子どもたちに毛布脱却の術を教えようとしますが、最初の門下生は毛布を被ったサリー!

騙された挙句結局安心毛布を再び持つことになったライナス…またゼロからのスタートです💦

 

ライナスは1964年に生徒会選挙にも出馬!

選挙イヤーにあやかり、ルーシーに権力をエサに唆され立候補します。さすが教養があるライナス、演説も弁が立ち、校長先生が青ざめてしまうほど革新的ではあるものの当選をほぼ確実なものとします☺️(ルーシーが支持率を強制的に上げてるとか上げてないとか…)

しかし最後のスピーチではあろうことか、カボチャ大王について話してしまいあえなく落選…努力がムダになったルーシーは例の如く怒り、副会長候補でもあったチャーリー・ブラウンも冷たい目で親友を見つめます_(:3」z)_

 

ライナスの名場面といえば、旧スヌーピーミュージアムのカフェブランケットでも目にしたことがあるでしょう、こちらのコミック!

ルーシーによって埋められてしまった毛布をスヌーピーが掘り出して咥えてライナスのもとに返してあげるという心温まるシーンです🥰このライナスの喜び方を見ても、なんとも微笑ましい光景ですね✨二人にとって大切な安心毛布であるからこそのコミックです!

 

色んな要素があるからこそ光るライナス!!

ライナス一人だけで、かなり多くの属性を持っていることがわかりますね😳子どもっぽさ、知性派な姿、女子に目がないところ、ちょっとバイオレンスなところ、心優しさなど、全部が強烈な個性で他のキャラや読者を飽きさせません。

さらに安心毛布という最大のトレードマークを得ていることは、世の中の「安心毛布」を必要としている人々にとっても親しみを持てる存在✨辞書にまで載せてしまうんですから!

ライナスは、チャーリー・ブラウンとはまた異なる、みんながどこか共感できるポイントが多いキャラクターでしょう。今まで知らなかった方も、知っていた方も、きっともっと好きになれるハズです(*⁰▿⁰*)

さて、次回のキャラクター紹介についてはルーシー、ライナスの弟でありスヌーピーとは普通に友達のように接するリランをピックアップしたいと思います!

ライナスと見分けがつかない…?そんな疑問も多く聞きますが、違いがいっぱい見つかることでしょう😊ご期待ください!

2 COMMENTS

アバター かなこ

もしご存じだったら教えてください!
ライナスはこの毛布に名前をつけていたような。
あるいは、「彼」か「彼女」 と、擬人化して呼んでいたような。
おばあちゃんが訪ねにくるから、手放さないといけないと大騒動になる回でそんなシーンがあったのです。

返信する
アバター スヌーピー大好き女子「らら」

かなこさん、コメントありがとうございます!
ライナスがつけてた名前・・・ごめんなさい、知らないです>< ららも調べてみたんですけど、見つからないですよ~。 もしわかったら、またコメント残しますね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください